たゆブログ/サラリーマンによるブログ

日頃感じる事・これからの社会人に知っておくべき事など現役サラリーマンだからこそ感じる目線で配信します

モノを「所有する」ことが減少していく未来

現在の考えの主流といえば、企業に就職し一定の賃金を得て車やあらゆる物を「所有」していくというのが当然になっていると思いますが、これからはシェアリングエコノミー(共有経済)」という考えが主流に取ってかわる時が来ると思います。

 

 

今、私たちの目の前にあるシェリングエコノミーとは?

f:id:tayublog:20190301095149j:plain

シェアリングエコノミーとは?

いきなり「シェリングエコノミー」と言われてもピンとこないと思います。

実際は私も最初は「なにそれ?」と思っていましたから。でも考えてみると自分の利用していたりと結構

身近な話題でした。

 

 

◆身近にあるシェリングエコノミーって?

例えば、タイムズが手掛けるカーシェアリング「車を所有する」のではなく、「他者と共有する」という

ものですよね。これが「シェリングエコノミー」。

他にもメルカリやラクマジモティなどのフリマアプリなども、自分が所有していたものを他者にシェアする」

ということになるので「シェアリングエコノミー」となります。

◆なぜここまで身近になったのか?

前述の身近なシェアリングエコノミーであったフリマアプリなどの個人間で利用出来るものが普及したことで

一気に私たちの生活の中に入ってきたと言えます。

個人レベルの生活の中で「他者と共有する」や「他人の要らなくなったものを買う」という考えが普及していけば

自然と「所有し続ける事」を自分自身もしなくなるでしょう。

そのサイクルがどんどん回り、社会に普及してエコノミー(経済)となるのだと考えます。

 

これからの時代に必要となるものは何なのか?

 

f:id:tayublog:20190301095134j:plain

これからの時代に何が必要か??
◆「モノを選ぶ」から「提供してくれる相手」を選ぶ
今までであれば、モノを所有したかったので「何を売っているか」が最大の決定要因だったでしょう。
商品そのものの価値・相対的な価格など「モノ」が持ってる価値基準によって選ばれるかどうかが決まっていたと
思います。
しかし「所有」という概念が薄くなっていけば、モノそのものの価値だけで選ばれる可能性は低くなると思います。
まず1つに「所有」から「共有」に変わるとなると、市場における数が圧倒的に多くなると考えます。
数が多くなれば単純に確率は低くなる為、選ばれにくくなります。
そして2つめ、確率が低くなっても「選ばれる人」は出てきます。 「選ばれる人」はそこに価値が生まれ、
「この人・店からなら買ってもいい」と思われるようになっていきます。
◆消費者から「信頼」を得るのがカギ
選ばれる人・店になれるかがこれからの時代のカギになってくると思います。
その「信頼」を得るのがこれからの最重要項目です。
では、どうやって「信頼」を得る事が出来るか、その為の手段が「口コミ」「レビュー」評価の獲得です。
モノが増え、インターネットが普及し、情報が溢れかえっている時代の中で「他者の声」が重要になってきます。
いわば「モノ・サービスの評価もシェアリングする時代」なんです
 
これからの時代、消費者の行動・サービスの提供の仕方は大きく変化していくと思います。
 
いずれにせよ、今出来る事は「信頼度を高める」事だと思います。

f:id:tayublog:20190301095139j:plain

信頼を高める事が重要!
 

 まとめ 

●消費者の考え方はこれからどんどん変化し「所有する」という概念は薄れていく。
●他者とシェアリングする時代へと変化していき、「信頼できる相手」と取引を行うようになる。
●「信頼出来る」という情報もシェアされ、他者の決定条件になる。
●今出来る事は「信頼を獲得し、それを広く拡散させること」だと思います。